初心者にも分かるiPhone5の使い方

初心者にも分かりやすくiPhone5s 5cの使い方を解説

iPhone5にiTunesから音楽をコピー(同期)する

iPhoneに音楽を入れる/再生/操作方法

iTunesに取り込んだ音楽をiPhoneに同期(コピー)する方法。(1)手動コピー(2)自動でコピー等の設定



iPhone5とパソコンをつなぎます。
iPhone5とパソコンを接続します。


iPhoneのデバイスを選択し、[概要]の最下部を見て下さい。

iPhone5の概要を確認する

この画面でiPhone5に音楽を入れる時に注意しなければならない点は1 ~3 です。



1

チェックマークのある曲とビデオだけを同期(コピー)

iTunesの言う[同期]とは、iTunesに入っている曲とiPhone5に入れる曲情報の[同期]
例えば再生回数や歌詞/アルバム(アートワーク)/レート[★]を編集した際に[同期]=更新する、という風に考えて下さい。

チェックマークは各音楽のところに表示されているコレです
チェックマークのある音楽を同期対象にする



2
ビットレートの高い曲を次の形式に変換

高音質でCDから変換された曲だと、iPhone5に入る曲数が少なくなってしまうのを防ぐ為に音楽を軽くしながらコピーする場合はチェックします。
※変換しながらコピーする為、同期に時間がかかります。



3

[音楽とビデオを手動で管理]


音楽を自動でコピー/更新せずに、入れたい曲だけ手動でコピーしたい場合にチェックします。
チェックが外れた状態の場合は、次に説明する内容で曲が自動で同期(コピー)されます。



4 [ミュージック]を押して画面を切り替えます。

iPhone5のミュージックの同期設定をする


5
ミュージックライブラリ全体
選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、ジャンル

のいずれかを選択します。 ミュージックライブラリ全体を選択した場合は、iTunesに入っている音楽の全てがiPhone5にコピー(同期)されます。
iPhone5に入らない程の曲がiTunesにある場合「入りきりません」というアラートが出てしまいますので

6 空き容量に曲を自動的にコピー
をチェックしておけば、入る分だけを計算して曲を入れてくれます。



5 で「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」にチェックを入れた場合、コピー(同期)したいいずれかの項目にチェックを入れる必要があります

例えば、プレイリスト

プレイリスト、アーティスト、アルバム、ジャンルを決めて同期する

例えば、アルバム

プレイリスト、アーティスト、アルバム、ジャンルを決めて同期する

全体を同期するか、同期したいプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンルにチェックしたら[適用]をクリックすれば同期が開始されます。

iTunesからiPhoneに同期(コピー)する音楽の条件を決め[適応]

適用ボタンでiTunesに入っている曲のうち、指定された音楽が同期[コピー]されます


mixiチェックに追加
Googleブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
Facebookに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
livedoorクリップに追加
newsingに追加