初心者にも分かるiPhone5の使い方 [au/softbank]

「iPhoneを探す」を設定しておく

iPhone5購入後の作業

  • iPod 使い方
  •  >  iPhone 使い方
  •  >  iPhone5s/5c 使い方
  •  >  アドレス設定

  • iPhone5をなくした際にiPhoneを探す設定がされていると見つけやすくなります。
    まず設定アイコンをタップします。

    iPhone5の設定

    iCloudをタップします。

    iPhone5の「iPhoneを探す」を利用する為にCloudの設定

    登録しているApple ID(アドレス)とパスワードを入力し、「サインイン」します。

    iPhone5からiCloudにサインイン

    iCloudから「iPhoneの位置情報を利用する」事を許可するかのアラートが表示されます。
    iPhoneを探すを利用するには[OK](許可)しなければなりません。

    iPhone5の位置情報をiCloudで利用することの許可アラート

    [OK]を押下すると自動でiPhoneを探すがオンになります。

    iPhone5で「iPhoneを探す」がオンになっている事を確認

    iPhone5側の設定は以上です。


    iPhone5をなくした際、iPhoneの在りかを探すにはiCloudにログインする必要があります。
    ※以下のキャプター画像はパソコンからログイン/操作したものです。

    iCloud ←ログイン

    iPhone5で設定したApple IDとパスワードでログインします。

    iCloudにログイン

    ログイン後、[iPhoneを探す]アイコンをタップ

    iCloudログイン後、[iPhoneを探す]アイコンをタップ

    左、上部のデバイスをタップすると同じAppleIDで登録されているAppleデバイス(iPod touchやiPad、iPhone等)が全て表示されます。

    AppleIDに登録されているデバイスが一覧で表示

    探したいデバイス(例えばiPhone)をクリックすると在りかが地図で表示されます。

    iPhone5のある場所が地図上で表示される

    1 サウンドを再生をクリックすると、デバイス(例えばiPhone)から警告音が鳴り、回りに注意を喚起できます。

    2 紛失モード

    iPhone5がパスコードロックされていない場合、パスコードロック画面が表示されます

    パスコード設定がされていない場合はリモートで操作出来なくする為にロック画面が表示されます。
    一定時間に操作されないと自動でロックが掛かる設定になっていた場合、電話番号入力画面になります。

    iCloudの紛失モード 電話番号入力

    電話番号を入力(しなても)「次へ」をクリックするとメッセージ作成画面に切り替わります。

    iCloudの紛失モード メッセージ入力画面

    [完了]を押すと、以下のようになくしたデバイス(例えばiPhone)の画面に作成したメッセージが表示されます。
    ロック画面ですが[発信]ボタンで入力した電話番号に電話することができます。

    iPhone5の画面上に設定したメッセージが表示される

    3 iPhoneの消去

    コンテンツや設定が削除されます。
    これ以降位置情報や履歴も見れなくなるので、発見を諦めた時のデータの削除だけはしたいという最終手段ですかね。

    iPhone5の消去アラート


    mixiチェックに追加
    Googleブックマークに追加
    Yahoo!ブックマークに登録
    Facebookに追加
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    Clip to Evernote
    livedoorクリップに追加
    newsingに追加